真麻竜

真麻竜について

真麻竜について

ケイ素との出会い

2018年の春頃、わたしは友人に誘われて何気に健康についてのあるセミナーに行きました。
そのセミナーは「ケイ素」という人間にとって重要なミネラルに関するお話でした。

私はその友人に勧められてケイ素ミネラルのお水をすでに飲んでいて、少し興味があったのでそのケイ素のお話を詳しく聴きたいと思いセミナーに参加したのでした。

そのセミナーではケイ素について詳しくお話をして頂きました。
このケイ素というものは単なるミネラルではない、とその時直感しました。

あとでその講師の先生と個人的にお話が出来る機会がありましたので、これまでの私の病気のこと、そしてそれが奇跡的に回復したこと、その脳梗塞の回復をした原因が私の扱っている精麻だと信じていることなどをお話させて頂きました。

するとその先生は何気に「そうだと思いますよ。精麻にもケイ素成分が多く含まれているので、それがよかったのでしょう」とサラリと説明してくれました。
私はびっくりしました。

その先生曰く、ミネラルは土壌にあるもので、その中のケイ素を多く含む植物が、生物の健康に欠かせないもので良いのだと説明してくれました。
特に体をよくするものでは「すぎな」「よもぎ」「ウコン」「レイシ」などにもケイ素は多く含まれているそうです。
そして世界中にある湧き水で「奇跡の水」「万病の水」と呼ばれているものも、やはり調べればケイ素が多く含まれているとのことでした。
そしてさらに深く聞けば、ケイ素は脳内の「松果体」という部位を活性させるので、精神を良くする効果もあるというものでした。

聞けば聞くほど驚く事ばかりでした。

驚きの連続

私はそれからケイ素の効果を確かめたく思い、家族、友人、知人など特に親しい人たちに差し上げる形で飲んでもらいました。

その誰もがケイ素なんて知らなくて、中には訝しく思う人もいました。
驚く事が私の父親に起こりました。

私の父親はもう80歳なんですが、滅茶苦茶健康で毎日テニスはするわ、ゴルフにいくわと80歳には見えないほど健康です。
体に良いケイ素なんて「お父ちゃんには必要ないわ」と、敢えて飲まそうとしなかったのですが、父は昔から自分の健康維持には特別気を遣っており、サプリメントを毎日大量に摂取しています。

そういう事に興味があったのでしょう、私が置いているケイ素を父は飲みはじめました。
するととんでもない事が起こり、母親と仰天しました。
父の唯一の欠点は、家中に充満する「腋臭」でした。
これには何十年も家族は悩まされておりました。

本人は「オレの愛しい香り」なんて言ってますが、傍のものには堪りません。絶対慣れません。
ところが、、、
それが父がケイ素を飲み出してから数日後、母親が「ん?」と気付きました。
あれほど強烈に臭っていた父の「臭い」が無くなっているのです。
私も、まさかと思いましたが臭いません。
この事があり、最初は訝っていた母も「これは?」と思って自分も飲みはじめました。

母は父とは正反対に体力が無い方で、通っているコーラスでの合唱も夏場では最後まで立って歌う事が出来ないほど夏場は弱るのですが、これもケイ素の作用でしょうか、見違えるほど元気になりました。

その他に私が実験的に差し上げた方々から、長年の病気、疾患が良くなったと続々と連絡を頂きました。
中にはその回復を私に見せに来てくれた友人もいました。
私は興味本位でした事が、これほど喜んで貰える事に嬉しさのパニック状態となりました。
誰かにこの気持ちを伝えたくて、思わず私にケイ素の事を詳しく教えてくれたケイ素の先生に電話しました。
先生も大層喜んで頂きました。そして先生は私にこう言いました。
「足田さん、ケイ素を販売したらどうですか?」
「私がケイ素を売る?」
思ってもみなかった事に一瞬驚きました。

そういえばケイ素をあげた友人から「追加でもう1本売って頂戴!」と何人かに言われました。
先生に私は物など売ったことがありません、というと先生は「売らなくていいです。ケイ素の良さを伝えるだけでいいんです」と、仰ってくれました。
売るのではなく、教えてあげるだけでいい。

それなら私でも出来るかもしれない。
ケイ素の先生の本業はマーケティングを教えるコンサルティングの先生でもあるので、ビジネスの仕方を一から教えて頂きました。そしてケイ素に興味がある人が集まれば、再度「ケイ素のお話」の講演会を何度もしてくれました。